EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 必読!人事労務担当者の心構え

必読!人事労務担当者の心構え

職場のメンタルヘルス問題の中でも、社員の「うつ病」については、特に重点的に対策を行うべきです。先ずは心の病への理解、復職支援のポイントや自殺者を出さない為の予防策について、このカテゴリではご紹介しています。

手始めに、職場で見られる「うつのサイン」と対処法を下記に5つ挙げておきますので、従業員の心の健康チェックに役立てて下さい。

うつ病のチェックポイント

  1. 行動が緩慢して、仕事の能率が下がる
  2. 遅刻、欠勤、早退することが多くなった
  3. 愚痴が増えて、感情が不安定のように見える
  4. 仕事上のミスが明らかに増える
  5. 身なりを気にしなくなる

うつと思われる社員への対処法

  • 叱咤激励は禁物。先ずは冷静に観察を
  • 仕事量を減らす
  • 身体の症状がないか、聞いてみる
  • 受診をすすめる(無理強いしない。産業医への相談も)
  • 自分の心を健康に保つこと(周囲も頑張りすぎない)

もちろん、実際の対応は専門家の指示を仰ぐことが必須です。ですが可能であれば、うつ病になる前に社員を救いたいものです。

人事労務ご担当の方は、是非ともこのカテゴリを最後までお読みいただきたいと思います。