EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 職場のメンタルヘルス対策・4つのケア » セルフケア

セルフケア

セルフケアとは、自分の体調や心の状態をしっかり把握すること。事業主が従業員に提供すべきメンタルヘルス対策の情報などを掲載しています。

メンタルヘルス対策の基礎・セルフケアとは

メンタルヘルス対策の基礎・セルフケアとはセルフケアとは、自分の体調や心の状態をしっかり把握すること。そのことで心身共に良い状態を保っていく目的があります。

心の健康を保つためには、労働者(社員)が自己のストレスに対する反応の現れ方や、心の状態を正しく把握することが不可欠です。「弱音を吐けない」「小さな人間だと思われたくない」などの心理から、自分さえ我慢していれば良いと、悩みやストレスを一人抱え込む人が多いのが実情ではないでしょうか。

我慢強いということは一種の美徳とも捉えられますが、度を越せば心身の不調となり労働者の健康を蝕むことも。

もちろん、セルフケアは一般従業員だけでなく管理職や経営者まで含めた全員に必要です。特に中間管理職層の精神的負担は大きく、上司と部下との板挟みの人間関係となることも少なくないため、悩みを抱えている人も多い傾向にあります。

自分自身で精神的な不調に気付くことは難しい…と思われがちです。ですが、普段の自分とは違う点「小さなシグナル」が手掛かりとなるでしょう。 例えば…

  • 作業効率の低下や不眠が続く
  • モチベーションが低下している

社員一人一人が自分の状態に気付き、いち早くメンタル面での不調に気付くことで、早期の的確な対処が可能となります

管理者が与えるべき情報

事業主は従業員に対し、セルフケアに必要な教育や情報を提供することが必要です。具体的には次のようなものが挙げられます。

  • メンタルヘルスケアに関する事業場の方針
  • ストレスとメンタルヘルスケアの基礎知識
  • セルフケアの重要性と、心の健康問題に対する正しい態度
  • ストレスに気付く方法
  • ストレスの予防、軽減、 対処の方法
  • 自発的に相談する事の有用性
  • 事業場内の相談先や事業場外資源の情報

従業員が普段から、自分自身の心の健康をコントロールできるよう、このような情報をあらかじめ周知しておくことが重要です。