EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 職場のメンタルヘルス対策・4つのケア » ラインケア

ラインケア

職場のメンタルヘルス対策において、管理者が社員に個別の指導・相談などを行うラインケアとはどういった取り組みなのかを分かりやすく紹介します。

メンタルヘルス対策の基盤・ラインケアとは

メンタルヘルス対策の基盤・ラインケアとはラインケアとは、管理監督者が社員へ個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みのことです。

管理監督者、つまり「指示命令を出す部下(相手)を持つ立場の人」は、部下にあたる労働者の状況を日常的に把握でき、具体的なストレス要因やその改善を図ることが可能な立場にあります。そのため、次の行動をすることが必要とされます。

  • 職場環境の改善
  • 労働者からの相談対応

事業者は管理監督者がこれを実行できるよう、ラインによるケアに関する教育・研修、情報提供を行う必要があります。

組織の要ともいえる管理者が実行に移せるかどうかが、企業等におけるメンタルヘルス対策の基盤となりうるのです。

メンタルヘルス対策を検討するなら知っておきたいEAP4選≫

組織のメンタルヘルスケアの要

企業全体のメンタルヘルス対策を考える場合、ラインケアが最も重要視される理由は次のとおりです。

”上司と部下の関係という間柄が、非常にストレス環境を生みやすいもの”

指示を出された側には、他人に行動を規制されるというストレスが生じます。人間は、自分の行動が他人に委ねられている、つまり自分の行動を自分で規定できない事にストレスを感じるものです。

上司に当たる人は、指揮命令そのものがストレスとなることを理解しましょう。その上で、指示の出し方・内容と、(部下)本人意思との一致のさせ方に気を配る必要があります。

そうした気遣いが従業員のモチベーションの向上、会社全体の生産能力の向上に繋がっているのです。 メンタルヘルス対策におけるラインケアが、「組織全体を健康にする為の要」となる理由なのです。

各管理監督者への教育研修・情報提供の内容として、下記のような事項が必要になります。

  • メンタルヘルスの基本的な知識
  • 管理監督者の役割、心の健康問題に対する適切な態度
  • 労働者への対応の仕方(聞き方、話し方、助言の仕方等)
  • 復職者(心の健康問題による休職者)への支援の仕方
  • 産業医や外部支援者との連携方法
  • セルフケアの方法
  • 労働者の個人情報(健康問題を含む)の保護 など

管理監督者の方は、部下を先導するという責任あるポジションにあります。自らの人間性や知識、技術の向上に努め、しっかりとした基盤を築いていくことが求められます。