EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 職場のメンタルヘルス対策・4つのケア » 産業保健スタッフによるケア

産業保健スタッフによるケア

社内のメンタルヘルスケアを支援する産業保健スタッフとは?具体的な職種や役割、その必要性などを整理しました。

職場のメンタルヘルスを支援する産業保健スタッフとは

事業場産業保健スタッフとは、職種としては産業医・衛生管理者・衛生推進者・事業場内の保健師・看護師・カウンセラー等を指します。その役割は次のような内容です。

  • 職場環境などの改善
  • 労働者に対する相談対応
  • 職場適応、治療及び職場復帰の指導
  • 労働者に対する教育研修

企業内専任スタッフの必要性

職場のメンタルヘルスを支援する産業保健スタッフとは保健スタッフや産業医などのメンタルヘルス専門スタッフが企業内に常駐していれば、専門的な立場からのケアがいち早く行えます。代表的なケアとして、例えばカウンセリングや定期健診、健康管理に関する情報提供、外部機関への紹介などが挙げられます。

大きなメリットとして、現場との連携がスムーズになる点。産業医が常駐している職場であれば、“うつ”など心の健康に不調をきたしている労働者に対して、職場の労働状況や、かかる負荷を勘案して慎重に対応を検討することができます

とはいえ、中小企業では専門スタッフを用意できないことが多いのが現状です。企業内の安全衛生管理体制により、常時雇用者が50人以上の事業所には「産業医」「衛生管理者」の選任義務があります。

ですが、従業員数50人以下(10人以上)の事業所においては、産業保健スタッフをはじめ労働安全衛生法で定められた“衛生委員会の設置”も義務ではありません。人事労務管理スタッフが衛生管理スタッフの役割を担っている場合もあるようです。

1つの事業所で産業医を雇えない場合、何社かの集まりで雇うようにすると補助金が出る制度がありますので、活用の検討をしてみましょう。実際の産業医の雇用・契約に関しては、「地域産業保健センター」に相談してみると良いです。