EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 職場のメンタルヘルス対策・4つのケア

職場のメンタルヘルス対策・4つのケア

厚生労働省が示すメンタルヘルス対策の基礎について説明します。4つのケアとそれぞれの予防レベルについてまとめました。

厚生労働省が示す4つのメンタルケアと予防レベルの関係

メンタルヘルスケアについての取り組みは、昨今かなり体系化されています。

厚生労働省では、メンタルヘルスケアの取り組みの一環として、平成12年に「労働者の心の健康の保持増進のための指標」を作成しました。この4つのケアは、次の方向に向かっています。

  • 従業員一人ひとりによる「セルフケア
  • 会社の管理職による「ラインケア
  • 事業所内の産業保健スタッフによるケア
  • 社外の「専門機関によるケア

そして、それぞれが取り組むべき指標として4段階の予防レベルがあります。

  • 0次予防…健全な組織運営
  • 1次予防…発症予防のための情報提供や教育機会を提供する
  • 2次予防…早期発見・治療を促す
  • 3次予防…職場復帰のための支援を行う

職場でのメンタルヘルス対策の大切さは誰もが理解するところだと思います。

ですが、何から始めたらいいのかわかないといった場合は、この4つのケアと予防レベルを基本に考えて職場で取り入れてみると良いでしょう。