EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » メンタルヘルス対策専門のEAP会社カタログ » ウェルリンク

ウェルリンク

メンタルヘルス対策で実力派のウェルリンクを調べました。提供サービスの特徴や導入事例、会社概要などを掲載しています。

メンタルヘルス対策専門「ウェルリンク」の特徴

ここでは、企業のメンタルヘルス対策を専門にしているウェルリンクについて紹介します。

健康チェックから組織分析までワンストップで提供できる実力派企業

メンタルヘルス対策専門「ウェルリンク」のHPイメージウェルリンクは、厚生労働者のガイドラインに沿って心とからだの健康づくりを推進するため、EAPの立場で職場のメンタルヘルスを総合的にサポートできる体制を整えています

大きな特徴としては、メンタルヘルス対策の中心となる4つのケア※1を、複合的かつ包括的に支援する体制で、どのような要望にも応えてきた実績をもっていること。

※1…従業員一人ひとりのセルフケア/管理監督者によるラインケア/産業医を中心にした事業場内保健スタッフによるケア/事業場外の専門機関・EAPによるケア

柔軟なセルフチェックのカスタマイズ

ウェルリンクが提供しているセルフチェックの特徴として、会社(組織)に合わせたカスタマイズができる点が挙げられます。

メンタルヘルス対策でよくある失敗例として、「EAPを導入してみたが、社員の実施率が低い」「組織ごとにチェックが最適化されていなかった」などといったことがあります。これは特に大手の外部EAP会社が、”均一のチェックシートを全社員に配布するだけ”という対応に終始しているからです。

セルフケアのための個人社員向けチェックシートは、組織ごとに最適化されたもので行うことが非常に重要。対象の業界はもちろんのこと、社内でも部署ごとに異なる適正があるため、ウェルリンクが実施するセルフチェックの柔軟性は多くの顧客から信頼を得ているそうです。

組織分析で業界内での相対評価を採用できる

ウェルリンクウェルリンクでは、職場全体の分析も数多くの実績のなかで導き出した独自のノウハウを持っています。

セルフチェックの結果を集計して詳細に分析。分析項目は細分化されているので、課題となる項目を浮き彫りにして課題解決のためのアドバイスができるのです。

さらに全体分析だけではなく、部門ごとはもちろん業界内での相対評価など様々な切り口での分析が可能となっています。

例えば、営業部門のメンバーをチェックした際、会社のなかでは仕事に対する満足度が低かったとします。ですが、同業他社の営業部門と比較すると、その評価は実は高かったりすることも。このような分析ができるのも、ウェルリンクが積み上げてきた豊富な実績が成せることだと言えるでしょう。

サービスを切り分けることも可能

ウェルリンク一般的に、EAP会社が提供するサービスはパッケージメントされていることがほとんど。

ウェルリンクの場合は、軸となる4つのサービス(個人のチェック・組織チェック・研修・コンサルティング)を切り分けて依頼することができます

自社に必要とされるメンタルヘルス対策をピンポイントで採用することで、コストを抑えながらEAP導入のメリットを得ることが可能となっています。

もちろん、メンタルチェックの結果についてのアフターフォロー体制も万全。契約企業は1年間の無料電話相談、メール相談を受けることができますし、専門医の紹介も無料で行っています。

組織分析の結果をもとに、今後のマネジメントを考えていくための管理職研修なども用意されています。社内の産業保健スタッフとの密接な連携にも取り組んでいるため、総合的なメンタルヘルスサポートを実現できる企業と言えます。

ウェルリンクの導入事例

情報通信業

【従業員数】約1,600名
【メンタルヘルス対策導入サービス】
・セルフチェック
・全体分析
・部門別詳細分析
・メンタルヘルス研修
・休職復職支援

情報通信業界で大手のA社。早い段階からメンタルヘルス対策に力をいれるほど、従業員の健康管理への意識が高い会社です。

セルフチェックをもとに約20ある部署別に集計・分析を行いました。あわせて管理職研修を実施して、職場でのメンタルヘルス対策の重要性を周知。研修終了後は、管理職への個別ヒヤリングをカウンセラーが行い、メンタルヘルス対策に対する理解の徹底をはかり成功した事例になります。

飲料販売業

メンタルヘルス対策は企業に欠かせない重要施策として、平成15年からウェルリンクの「心とからだの健康チェックSelf」を導入。その後、メンタルヘルス対策の先進企業として中央労働基準監督署長より表彰を受けました。

評価されたポイントは「EAP機関および産業医と連携する総合的メンタルヘルス対策を継続的に行っている」ことだったそうです。

同社では健康診断時にSelfを実施し、この結果をもとにウェルリンクから産業医との面談を勧奨する文章を個々人に郵送しています。また各部門毎の組織傾向を考慮した管理職教育も行っています。

メンタルヘルス・チェックの実施と相談勧奨郵便、産業医面談、電話およびメール相談、社内ネットを活用した健康教育を連動させることで、メンタルヘルス対策の効果を高めています。

会社情報

※会社情報は調査時のものになります。詳しくは直接問い合わせください。

公式サイト http://www.welllink.co.jp/
会社名 ウェルリンク株式会社
本社所在地 東京都文京区湯島1-5-28
設立 2000年3月
有資格者 臨床心理士6名、産業カウンセラー60名、キャリア関連資格取得者26名、社会保険労務士1名、精神保健福祉士5名、看護師3名、保健師1名、薬剤師1名、学校心理士1名
顧客数 約500団体
認定・登録 ・保健医療福祉分野のプライバシーマーク認定 認定番号/第10860503(03)号
・厚生労働省「メンタルヘルス対策支援センター事業」登録相談機関 登録番号/ 第34-1号
・賛助団体:社団法人 日本産業カウンセラー協会