EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 外部EAPサービス導入のすすめ » EAPとは

EAPとは

従業員援助プログラムと呼ばれるEAPとは?職場のメンタルヘルス対策をサポートする仕組みなどを解説しています。

職場のメンタルヘルス対策をサポートするEAPとは

最近耳にすることも多くなったEAPとは、Employee Assistance Programの頭文字をとった略語。日本では従業員援助プログラムと呼ばれています。

心の健康のための従業員援助プログラム

職場のメンタルヘルス対策をサポートするEAPとはもともとは精神衛生の先進国であるアメリカで開発された、職場でのメンタルヘルスサービスです。米国ではフォーチューン誌が選出したトップ500企業の実に90%がEAPを導入しているほど、実績のある心の健康のための支援プログラムなのです。

このEAPを推進するためには、企業が自社内部に設置する場合と外部のEAP専門会社に依頼するふた通りに分かれます。

それぞれメリットがありますが、外部EAP会社に依頼するケースの場合、第3者の視点でのコンサルティンングが可能です。社員が働きやすい環境づくりといった、生産性の面でも効果があがるとの声も聞かれます。

日本の産業界でも、社員の精神的ストレスで欠勤や業務遂行能力低下など心の病に端を発した問題が深刻化しています。そこで、企業にとってのリスクマネジメントとしてEAPが注目されてきています。

メンタルヘルスとの違いについて

EAPとは従業員を支援することで、企業の利益につなげることを目的とする包括的なカウンセリング・コンサルティングサービスです。つまりメンタルヘルス対策もEAPのなかの一部分と言った方がいいでしょう。

相談者を待つカウンセリングとは違い、本人がどうしたら相談や治療につながるかといった初期段階から考え、カウンセラー側から状況に応じた適切な介入と提案をするのがEAPです。

また、職場管理者との連携を密にとり、解決への糸口を探る手だてを探っていくなど、積極的なアプローチをするのが特徴です。