EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 外部EAPサービス導入のすすめ » 導入の前に検討すべきこと

導入の前に検討すべきこと

EAPの提供しているサービスは多岐に渡りますが、自社内でうまくEAPの仕組みを築いていくためには、導入前に社内で検討すべきことがあります。

職場環境改善の為には、何もかも業者に任せるのではなく、依頼する側が事前に方針を明確にしておく事が必要です。

EAP導入前の社内準備の流れ

従業員(社員)のメンタルサポートをするために、EAP導入が効果的であることは説明してきました。ただし、専門機関にただ依頼すればよい訳ではありません。ここでは、どのように取り入れていくのかを説明します。

(1)実施するメンタルヘルス対策の決定

まずはメンタルヘルス対策を行う目的を明確にするところから始めましょう。例えば、次のようなものが挙げられるはずです。

  • 新規のメンタル不全による休職者を減らしたい
  • 予防となる対策を徹底したい
  • 個々の抱えた様々な問題へのケース対応を円滑にしたい

それぞれの目的に合わせたメンタルヘルス対策を設定する事が大切なのです。

その際、人事担当者に加えメンタルヘルス対策を実施する社内の産業保健スタッフや関連部署の参画が必須です。EAPを導入して組織全体の活動にしていく為には、関連部署のコンセンサスが重要となってきます

そのうえで、安全衛生委員会等での討議を重ねていきましょう。
※EAP専門会社は、導入に関するアドバイスも行っている場合が多いので、相談してみても良いでしょう。

(2)社内資源との調整を行う

メンタルヘルス対策の決定後は、その対策のどの範囲までを社内スタッフで実施するのかを決めていきます。

その際、新たにスタッフを社内に迎える等の調査・検討も行います。

(3)委託するサービスの内容の決定

実施するメンタルヘルス対策、社内資源スタッフの行う範囲が決定したあとは、外部EAP機関に委託するサービス内容を検討します。

社内資源スタッフと外部EAPとの連携を前提としておくと、その後のEAP導入が円滑に進みます。社内での事前準備は大体このような流れで行うと良いでしょう。

  • 事前委員会を設置したか(メンバーは、社内の主要な部署の責任者が入っているか)
  • 委員会での議論を通し、EAP導入の目的を明確にできたか
  • 活動方針を具体的にできたか

この3点が達成されたところで、次の段階へと進みましょう。