EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 外部EAPサービス導入のすすめ » EAP導入のメリット

EAP導入のメリット

組織全体をはじめ、従業員の個人パフォーマンス向上など、メンタルヘルス対策におけるEAP導入のメリットを掲載しています。

EAP導入に伴う具体的な効果とは

ここでは、自社にEAPを導入した際に期待できるメリットを解説します。

個人のパフォーマンス向上

メンタルヘルスに不調を抱える社員は、仕事のパフォーマンス低下に伴い、その業務生産性も著しく低下させると指摘されています。

更には、その社員の上司や同僚など周囲の人への負担が増大してしまいます。 EAP導入による予防・早急な対応を行っていくことにより、これらを最小限にくい止めることができます。

労災予防やリスクマネジメント

近年、労働基準局からの指針により、メンタルヘルスに関連する労災の認定基準が緩和されました。それによって、過労自殺してしまった社員に対して労災認定されるケースが増えてきています。

メンタルヘルス問題を放置することは、企業の経済的リスクを引き上げます。問題を抱えた社員に対し、早急に対処を取れる体制を整えることで、労務災害を未然に防ぐことができます。

また、災害や業務関連の精神疾患など、社員に関わる様々なリスク管理についてEAPはノウハウを持っています。

企業イメージの向上

社員が問題を抱えた時に利用できるプログラムを提供できる、という点で、「社員を大切にしている会社」であることを示すことができます。

また、EAPは問題の早期対応を目指すプログラムなので、問題の深刻化を防ぐ事が可能となり、“リスクの少ない組織”というイメージを与えることもできるのです。

福利厚生

業務以外の家庭生活でも従業員は多様な問題を抱えています。EAPサービスを従業員だけでなく、その家族も対象とすることで、社員への福利厚生サービスとすることができます。従業員と家族のQOLの向上に大きく貢献することが可能なのです。

医療費の削減

ストレスに関連する心身の疾患は、アルコール問題を始めとして多岐にわたります。何らかの問題を抱えた社員を長く放置しておけば、やがて業務上の事故などを引き起こす可能性も高くなります。

事故が深刻化すると医療にかかる期間も長期化し、企業が負担する医療費の負担も多くなってしまいます。 EAPが継続的予防策を講じることで、このようなリスク管理も可能となり、結果医療費の削減に繋げることができるのです。


その他、EAP導入後も社員の利用傾向等(もちろん、社員個人のプライバシーは守られます)を分析することができます。

結果を企業にコンサルテーションしていくことで、経営の補完的機能を果たす事や、優秀な人材の職務定着率の向上・育成など、会社をトータルにケアするのがEAP専門機関の特徴です。