EAPを活用したメンタルヘルス対策のススメ

HOME » 外部EAPサービス導入のすすめ

外部EAPサービス導入のすすめ

厚生労働省の提案する“4つのケア”の4番目の柱として注目される、外部EAPの導入メリットなどを紹介します。

外部EAPを導入することのメリットとは

外部EAPを導入することのメリット職場のメンタルヘルスケア対策において、外部EAPサービスを導入する会社が増えてきました。

厚生労働省の提案する“4つのケア”の4番目の柱として、外部資源の活用が推奨されています。日本企業にも徐々に浸透してきていますが、まだまだ上手く活用できていない企業が多いのが現状です。

ここでは、EAPの基礎知識から導入の仕方、効果的に運営していくコツなど外部EAPの全体像がつかめるように詳しい解説を展開していきます。

それぞれの会社の抱えている問題やニーズに合わせて、EAPを選択・導入することが成功のカギとなる為、正しい知識と運用の方法を心得ておくことが大切です。

実際に導入を決めている場合は、1ページ目のEAP専門機関の比較表がお役にたてると思います。本当に役立つサービス機関を見つけるためには、どのような背景の会社であるのかを見る必要があります。ぜひとも参考にしてみて下さい。